血糖値のコントロールは大切なことです

血糖値のコントロールは大切なことです

血糖値のコントロールは大切なことです はコメントを受け付けていません。

糖尿病の予防に大切なことは空腹時の血糖値を上手にコントロールすることです。糖尿病は生活習慣からくる病気なので生活習慣で予防することも可能なのです。

血糖値は血液中の糖の値のことで、全身に流れる血液は酸素や栄養分を運びます。糖は栄養分のひとつで、糖は体の中でエネルギーに変わるものです。血糖値が高いということはエネルギーに変わらなかった糖が余分に血液中に流れているということです。正常な血糖値を知るためには空腹時に測ることです。高血糖になると喉が渇き以上な量の水分が欲しくなり、疲れやすく食べても体重が減り、尿の量が増えたり甘い匂いがするなどの自覚症状があります。低血糖はお腹がすき過ぎて手先が震えたり、冷や汗がでるなどの症状があります。

血糖値は空腹時のものを基準値に保つことで、食後に値が上昇しても食事2時間程度で元の数値にさげることができます。空腹時の血糖値をコントロールすることで糖尿病の予防につながります。空腹時に血糖が正常を越えると食事の値や過去1ヶ月間の平均的なヘモグロビンの値が正常値を越えている可能性が高いのです。そのため空腹時のコントロールが重要なのです。血糖値NAVIも参考になります。

コントロールする方法は、食事で糖質をとらないようにすることです。食事では糖質が多いご飯や芋類などを食べる前に葉ものの野菜やキノコ類、海藻などを食べます。そうすることで糖の消化や吸収を遅らせる作用があります。酢も血糖の上昇を押させる働きがあります。また、油はカロリーは高いのですが、消化吸収に時間がかかるため上昇させにくいため、パンにはバターではなくオリーブオイルを使うと良いです。また食材は肉や魚、卵など低糖質なものを選びます。

About the author:

Back to Top